追越車線を走り続けない

 

 今年2月に、東名高速であおり運転を繰り返して3台の車を無理やり止めたとして、さる12月6日、57歳の男が神奈川県警に逮捕されました。

 

 警察によると、容疑者の男は「相手は追越車線をずっとゆっくり走っていたので、注意するために止めさせた」と供述しているそうです。

 

 あおり運転を行った容疑者は言語道断です。しかしながら、あおり運転の被害に遭わないためにも注意すべき点がいくつかあります。その一つに、追越車線を走り続けないことが挙げられます。

 

 そもそも、追越車線は、前を走る車を追い越すための車線であり、追越しが終わってからも走行車線に戻ることなく走り続けると「車両通行帯違反」で罰せられます。

 

 あおり運転をはじめ、無用なトラブルを避けるためにも、追越車線は前車を追い越すときのためだけに使用して、追越しが終わったら走行車線に戻りましょう。

 

(シンク出版株式会社 2022.12.9更新)

■酒気帯び確認のABCをわかりやすく解説

 道路交通法施行規則の改正(2022年4月1日)により、新たに安全運転管理者の業務として、運転前・運転後の「酒気帯び有無」の確認とその記録、記録の保存、並びにアルコール検知器を使用したチェックが義務づけられました。

 

 2021年6月の千葉県八街市における白ナンバートラックによる飲酒死傷事故が大きな社会的問題となり、飲酒運転根絶に向けた取組みとして位置づけられたのです。

 

 本冊子は、管理者が運転者の酒気帯び確認をする方法について、イラスト入りでわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

2月8日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

交通安全 事故防止に役立つリンク集
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。