悩みごとがあるときの運転には注意しよう

 

 追突事故を起こした運転者の供述で「ぼんやりしていた」とか「つい横を見てしまった」など、漫然・脇見運転が原因であることが多いようです。

 人はどんなとき、運転中に漫然としてしまうのでしょうか?

 

 国土交通省の事故分析資料によると、プライベートや仕事の悩みごとがあって漫然としてしまい、事故を起こしたという事例がありました。

 

 2019年に大阪府堺市で発生した事故で、通い慣れた道路を走行していた中型トラックの運転者(26歳)が、最近亡くなった父親のことや会社の人間関係の悩みについて考えごとをしていて、ふっと事故現場付近で横の景色を見て、3秒ほど脇見運転をしてしまったということです。

 

 その後、運転者は前方に停止した小型トラックを発見、急ブレーキをかけたものの間に合わず、多重追突事故を起こし前方の車両で死傷者が発生しました。

 

 悩みごとがあるときは、運転に集中することができなくなる危険があります。どうしても辛いときは、安全な場所で休んで心を落ち着かせ、ハンドルを握ったら運転に集中するように努めましょう。

 

(シンク出版株式会社 2023.3.1更新)

■ストレスに対処して事故やトラブルの削減を目指す教育教材

 ストレスとの付き合い方がうまくいかないと、イライラしたり、身体にも不調が現れるなど、日常的に様々な悪影響が出てきます。

 

 その一方で、ストレスにうまく対処し、付き合っていくことで、心身への負担を軽くすることも可能です。

 

 本冊子では、健康心理学の研究成果をもとに「ストレス構造」の仕組みを知るとともに、仕事やプライベートで感じやすい6つの代表的なストレス要素について、ストレスにうまく対処し、付き合っていく方法をマンガを中心にわかり易く解説しています。

(監修:金光義弘/川崎医療福祉大学名誉教授

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。