自家用有償運送を年間を通じて認める──ラストマイル輸送対策

■1両当たりの年間利用日数90日を上限

 

 従来、「年末及び夏期等繁忙期におけるトラック輸送対策」として、国土交通省が認めてきた、自家用自動車の有償運送について、このたび通達を発して年間を通じた申請を認めるとともに、「ラストマイル輸送等への輸送対策」と名称も変更される制度変更がありました。

 

 正式には、「ラストマイル輸送等への輸送対策としての 自家用有償運送の許可に係る取扱いについて」と名付けた令和6年3月29日付けの通達で、営業所から近距離の限られた区域内における住居等への配送が事業用自動車のみでは輸送力確保が困難となっている現状を踏まえたものとなっています。

 

 従来の春期、夏期、秋期、年末の特定した期間に限って認めるのではなく、年間を通じて任意の時期に、1両当たりの年間利用日数90日を上限に、認める制度に変わります。

ラストワンマイル自家用有償運送

 許可の対象は、貨物自動車運送事業者の繁忙期の輸送需要に対応するための自家用自動車による有償運送であって、次に掲げるものです。

 (1) ラストワンマイル輸送として行われるもの。

 (2) (1)に掲げるもののほか、公共の福祉を確保するためやむを得ない場合において、地域の実情

   に応じて運輸支局長が認めるもの。

 

 施行は2025年1月1日からです。これに伴い、「年末及び夏期等繁忙期におけるトラック輸送対策について」通達(平成15年2月14日国自貨第91号)は、2024年12月31日限りで廃止されます。 

自家用有償運送 貨物
自家用有償運送

 

 【関連記事】

指導・監督のマニュアルを一部改訂──国土交通省(2023年1月)

■「アルコール依存症」に関する指導・監督の強化を──運行管理者のための知識

初任運転者への指導を強化しましょう──危機管理意識を高めよう

貸切バス事故事例から学ぶ──乗務員指導の重要性

居眠運転の危険に気づこう──危機管理意識を高めよう

 

■「指導・監督の指針」に対応したトラック運転者への安全教育資料の決定版!

本書は、トラック運送事業の運行管理者の皆さんに広く活用され、指導・監督の指針12項目に沿った教育が効果的に実施できると好評の「運行管理者のためのドライバー教育ツール」の第5弾です。

 

 PART5では、各項目の管理者用資料がこれまでの1ページから3ページへの増量となり、さらに深く、役立つ情報をお届けすることで、より効果的なドライバー教育を実現することができます。

 

 イラストとキーワードを中心に読みやすく編集していますので、ドライバーミーティングの際や、点呼時などの短時間でもご活用いただけます。 

【詳しくはこちら】

■「指導・監督の指針」に対応したバス運転者への安全教育資料の決定版!

「バス運行管理者のための指導・監督ツール」は、貸切・乗合バスドライバーに対する「指導・監督の指針」に沿った教育が効果的に実施できる資料です。

 

 2018年6月1日に改正された最新の指針に基づき、全13項目に対してそれぞれ、管理者がドライバーミーティングなどを行う際に利用できる「管理者用資料」1枚と、バスドライバーとして踏まえておきたい知識をイラストと3つのキーワードでわかりやすく解説した「運転者用資料」3枚の計52枚で構成しています。

 

【詳しくはこちら】

管理者向けの指導・監督資料については  → こちらを参照

ホーム >運転管理のヒント >運行管理者のための知識 >自家用有償運送を年間を通じて認める

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。