トンネル内ではヘッドライトの点灯を忘れずに

 夏の行楽シーズンをむかえ、マイカーなどで遠出をする人も多いかと思います。
 そこで守って欲しいのが、トンネル内でのヘッドライト点灯です。
 とくに、高速道路ではトンネル内の照明が明るいため、無灯火のままやスモールライトで走行している人がいます。これは、本当は危険な行為なのに、その危険性に気づいていないことに問題があります。


 トンネル内でライトを点灯するのは、自分の視界を確保するというよりも、自車の存在を他車に知らしめるために必要と考えておきましょう。
 トンネル内は、明るそうに見えても意外と暗いため、スピード感や距離感が正確に把握できません。スピードの遅い前車にアッという間に近づいて急ブレーキを踏んだり、追突しそうになったことは、多くの人が経験していると思います。ですから、ヘッドライトを点灯して、自車をできるだけ目立たせておかなければ ならないのです。
 トンネル内が明るいからと、ライトを点けないで走行するのは、本当に自分勝手な考え方ということを認識してください。

 

  ただし、ライトはヘッドライトを点けるようにしてください。スモールライトだけだと、他車の前を走行している場合はテールランプが点灯するので目立ちますが、他車の後ろを走行する場合には車幅灯のみしか点灯していないので、前車からは自車が非常に見にくくなります。

(2010.7.22更新)

        次へ >           

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。