乗用車でトラックに挟まれたらすぐに脱出しよう

  自分が乗用車など車高の低い車に乗っているときに、前と後ろをトラックが走行していて、その間に挟まれることがあります。


  このような状態で走るのは、後ろのトラックから追突される危険があるので、可能なかぎりすぐに脱出することです。
  後ろを走るトラックのドライバーは、運転席が高いために、すぐ前を走る乗用車を見ずに、その前を走るトラックの後部を見て走ることが多くなります。目の前 の乗用車を見るためには目線を下に向けなければならず、いちいち視線を移動させるのが面倒になり、知らず知らずのうちに、前方のトラックを見て走るようになります。そのため、目の前の乗用車の動きを見落とし追突しやすくなるのです。

 

  このように、トラック同士に挟まれた状態になったら、できるだけ早く脱出するようにしてください。片側2車線の道路なら、車線変更すれば簡単に抜け出すことができますが、片側1車線の場合には駐車できるスペースを見つけて、そこに入るようにし、後方のトラックをやり過ごしてから、再び道路に戻るようにしてください。

(2010.7.22更新)

< 前へ                                                         次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。