緊急時にはハンドルを切るよりも まずブレーキを踏もう

 前方で飛出しなどの緊急事態が発生した場合に、ハンドル操作で危険をかわそうとするのは危険です。なぜならば、ハンドル操作でうまく危険から逃げられたとしても、2次災害の可能性が高くなるからです。


 たとえば、左側から飛び出してきた人を避けようと、右にハンドルを切って避けたとしても、対向車線にはみ出してしまい、そこに対向車がいれば衝突してしまいます。


 また、うまく避けられなかった場合には、スピードが落ちていないために被害が甚大になります。走行している車は相当大きな運動エネルギーを持っており、 その大きさはスピードの2乗に比例して大きくなります。
 ですから、相手に衝突した場合でも、被害を小さくするために、できるだけスピードを落とすことが必要になるのです。それは、ブレーキを踏んでスピードを落とすしかありません。


 危険を感じたら、まずブレーキを踏むことです。日頃からこのクセをつけましょう。

(2010.7.22更新)

< 前へ                                                                    次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。