発進、合流するときには 後続車の前に入らないようにしよう

車線変更 割込

 

  道路左端に停車している車が発進したり、脇道などから合流する場合に、無理矢理に自車の前に入ってきたという経験はありませんか?
  まさか発進、合流してこないだろうというタイミングで、突然前に進入してくると、ビックリしますね。
 
  発進、合流するほうのドライバーは、少しでも早く行こうとして、後続車の直前に入ってくるのでしょうが、このような運転をするドライバーは、自分の安全を 後続車のドライバーに預けて運転していることになるのです。もし、後続車のドライバーがわき見をしていて、ブレーキを踏むのが遅れたらどうなるでしょ う…。

  発進したり、合流したりするときには、必ず後続車がブレーキを踏まなければならないタイミングかどうかを考えてください。

 そして、ブレーキを踏ませる可能性が高ければ、無理をせず、発進や合流を控えるようにしてください。

(2010.7.30更新)

< 前へ                                                                 次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。