子どもを車内に残さないで

 夏休みに家族連れでドライブに出かける人が多いと思います。サービスエリアなどで休憩するときに注意していただきたいのが、車内に子どもを残さないということです。


 眠っているから起こすのがかわいそうだからと、エアコンをつけてトイレ休憩などする人がいますが、エアコンをつけていれば絶対に安心かと言えば決してそうではありません。

 これまでの事例で言えば、子どもが起きてエアコンのスイッチを切ってしまうこともありますし、バッテリーが上がってエアコンがストップすることもあります。エアコンがストップすれば、車内の温度はアッという間に上昇し、危険な状態になります。


 子どもが起きている場合でも、ライター遊びで火災が起きたり、子どもがドアロックをかけて外から開けられなかったりした事例がありますので、子どもは絶対に車内に残さないようにしてください。
 子どもが寝ている場合は交代でトイレ休憩をするようにしましょう。

(2010.8.04更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。