チャイルドシートは後部座席に装着する

前席に子どもを座らせるのは危険
前席に子どもを座らせるのは危険

 夏休みで、お子さんと一緒に行楽地に出かける方も多いかと思います。みなさんは、チャイルドシートをきちんと装着していますか?


 チャイルドシートの着用が義務付けられてから、今年でちょうど10年になりますが、警察庁とJAFの調査では着用率は6割にも満たないなど、依然として低水準に留まっています。


 着用している人の中にも、助手席に着用している人を見かけますが、これは大変危険です。最近の車にはエアバックが装着されており、事故の際にエアバックが展開したときに、子どもが大きなダメージを負ってしまうケースがあるからです。


 また、事故の際にフロントガラスなどの破片が飛んでくる可能性も高いので、チャイルドシートは後部座席に装着するようにしてください。

(2010年8月10日更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。