運転行動を変えるときは周囲の安全確認を確実に!

車線変更
後方車にブレーキを踏ませる車線変更は危険

 車を運転していていちばん事故が起こりやすいのは、右折、左折、車線変更、停止、発進など、それまでの運転行動を変えるときです。


 このとき、相手車両や歩行者などが、周りにいればいるほど事故になる危険性が高くなります。


 したがって、これまでの運転行動を変えるときには、相手がいない状態で行うのがいちばん安全なのです。


 しかし、現実的には相手がいない交通場面というのはほとんどありません。

 

 ですから、運転行動を変えるときには、ミラーでなんども周囲を確認するなど、周囲の状況を可能なかぎり把握し、自車の運転行動の変化が与える影響をできるだけ少なくするように努めてください。

(2010.8.11更新)

< 前へ            次へ >

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中です

バス運行管理者手帳
バス版(左)とトラック版(右)があります

 「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、管理者が知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より、カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月26日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。