吹き流しに注意を払おう

高速道路 吹き流し

 高速道路にある吹き流しは、風の強さを知るものですが、吹き流しがどのくらいの角度になれば、走行に影響するのか知っていますか。


 吹き流しの角度が真横になっているときは、風速10m以上の風が吹いており、走行にかなりの影響が出ます。とくに、側面面積の広いワゴン車は、強く影響を受けます。

 JAFの実施したユーザーテストによると、風速12mの横風のなかを、ワゴン車が時速100キロで走行した場合には、30m走行する間に約1mも流されるという結果がでました。


 横風の影響は、スピードを出せば出すほど受けやすいので、吹き流しが真横になっているようなところでは、車が流されないようにハンドルをしっかり握ってスピードを落とすことです。

 また、車が風で流されても、あわててハンドルを大きく切ったりせず、落ち着いて徐々にハンドルを修正することが大切です。

 

 横風による事故は、風で流されて事故になるというよりも、それに驚いて急ハンドルを切って事故になるケースが多いからです。

 (2010.8.20更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。