エアコン操作時のわき見に注意

わき見 エアコン操作

 さる7月27日に、名古屋市営バスの運転者が、エアコン操作に気をとられたため、わき見運転となり、電柱に激突する事故を起こしました。

 

 私たちは、エアコンに限らず運転中に、オーディオの操作をしたり、タバコに火をつけたり、いろいろとわき見をしています。本人はごくわずかな時間だと思っているかもしれませんが、時速50キロで走行していると、わずか0.5秒のわき見でも約7mも進んでいるのです。この間まったく前を見ずに運転しているということになります。


 また、エアコン操作に気をとられると、身体が傾いたりしますので、知らず知らずのうちにハンドルを切ってしまい、センターラインをはみ出したり、この事例のように電柱に激突することがあります。

 

 エアコンなどの機器類を操作する場合には、絶対に走行中に行わないようにしてください。操作する場合には、車が停止しているときに行いましょう。

 (2010.8.26更新)

< 前へ            次へ >

過去の安全朝礼
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。