軽井沢転落事故のバス会社が事業許可取消し処分を受ける

イーエスピー事業許可取消処分

 去る1月15日に長野県軽井沢町の国道16号で貸切バスが転落し、乗客・乗員15人が死亡、26人が重軽傷を負う事故が発生しました。

 この事故を起こしたバス事業者=株式会社イーエスピー(本社・東京羽村市)は、関東運輸局の特別監査を経て、2016年2月19日をもって事業許可の取消処分を受けました。

 

 処分は道路運送法第40条の規定に基づくもので、同運輸局が公表した違反事実の概要によると、合計で33種類の違反が指摘され、累積を含めると違反点数が109点となり、処分基準の81点を大きく上回ったため、一発で許可取消しとなりました。

 

 すでに同社は、貸切バス事業からの撤退を表明していますが、運輸局の通知書は「2月19日以降にバス事業を経営している事実が判明した場合、無許可経営として警察機関に告発する等の措置を講ずる」という厳しい文面となっています。

 

■事業許可取消処分の根拠となった違反の概要

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。