貸切バスの街頭監査結果を公表──国土交通省

■全国38箇所で実施し、35.5%に法令違反を確認

イーエスピー事業許可取消処分

 国土交通省は去る4月13日、今年1月に発生した軽井沢でのスキーバス事故を受けて、1月21日から3月14日にかけて全国で実施した街頭監査の結果を発表しました。

 貸切バス乗り場など延べ38か所に同省の監査官が行き、抜き打ちで出発前のバスに行ったもので、貸切バス車両242台のうち計86台(35.5%)に法令違反を確認しました。

 

 街頭監査では、運転者の健康状態、交代運転者の配置状況、運行指示書の作成状況などについて確認し、法令違反が確認された事業者に対してはその場で改善指示を行ったほか、そのほかの事業者についても法令遵守を徹底するように通達しました。

 

 その後、違反事業者に対しては監査実施日から原則として30日以内に呼出監査を実施し、違反事項がすべて改善されたことを確認したということです。

 

 また、監査期間中の2月3日に、法令違反が多い事項をリスト化したチェックシートを全国の貸切バス事業者に配布しました。このシートで運行前に事業者自らが最終確認チェックをして法令遵守を徹底するよう通達したところ、通達前は46%だった法令違反指摘率が23%にまで減少したということです。

 

 同省では今後も引き続き、ゴールデンウィークなどの多客期に街頭監査を実施する予定です。

 詳しくは、同省のWEBサイトを参照して下さい。

 

■全国の貸切バス街頭監査結果

  ↑ 国土交通省の公表資料より   

■バス運行管理者のための指導・監督教材

■2018年6月1日改正の新指針に準拠

 「バス運行管理者のための指導・監督ツール」は、運転者に指導する際の資料として、「運転者用資料」を39枚収録した運行管理者のための指導教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。

 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運行上の危険や安全運転ポイントを指導することができます。

 

 2018年6月に公布された一般バス事業者のための指導監督指針11項目、貸切バス事業者向け2項目の指針計13項目に準拠し、教育記録簿用紙も添付しています。 

 

【詳しくはこちら】 

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

10月23日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。