横断歩道近くのバス停では歩行者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関連がありません

 記憶に新しいとは思いますが、2018年8月30日、横浜市でバス停に停車したバスの後方の横断歩道を渡ろうとした小学5年生が、対向してきた走行車にはねられて死亡する事故が起きました。

 

 国土交通省では、この事故をきっかけに横断歩道や交差点のそばにあり、停車したバスが死角を作り歩行者事故を誘発する恐れがある危険なバス停について実態調査を進めています。

 

 このほど茨城県、長野県、三重県、香川県、愛媛県、沖縄県の6県についてバス停名や所在地をまとめたリストを公表しました(各県の運輸支局などのホームページに掲載されています)。

 

 それによりますと、危険なバス停は6県だけで計 780か所に上っており、国交省は年内にも残りの都道府県分の調査結果を順次公表する予定です。

 

 危険なバス停については、バス停の位置を移動したり横断歩道の場所を移設するなどの安全対策が実施される予定ですが、バス停を移設するには時間がかかる場合も少なくありません。

 

 したがって、バス停での歩行者事故を防止するには、まずドライバーの意識を高める必要があります。

 

 横断歩道付近のバス停にバスが停車しており、その付近を通過するときには、バスの死角から歩行者などが出てくると考えて、いつでも止まれるスピードで走行するようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2020.11.5更新)

■「鳥の視点」で運転席からは見えない危険を発見しよう

 交差点事故を起こさないためには、運転席からは見えない危険を見つけ出すことが大切です。そうした危険を発見するには、運転席の上空から見る鳥のような視点を持って、交差点全体の交通場面をイメージする力(メタ認知能力)が必要となります。

 

 新刊小冊子「交差点を鳥の目で視ると隠れた危険が見えてくる」では、交差点の6つの運転場面を提示して、隠れた危険をイメージできるかを考えるとともに、それぞれ俯瞰図で交差点の危険を見ながら解説を読んで理解する構成となっています。

 

 メタ認知能力を高めるための教材としてもご利用いただけますので、ぜひ事業所での交差点事故防止教育にお役立てください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月30日(月)

駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう駐車ブレーキを必ず確実にかけましょう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。