車線減少時はスムーズな合流を心がけよう

車線減少 ファスナー合流

 片側2車線の道路を走行していると、工事などの影響で、片側の車線が塞がり、もう一方の車線に合流しなければならない場合があります。


 このような場所では、車線変更をしようとする車と、入れさせまいとする車がつばぜり合いをしている姿をよく見かけます。


 しかし、このような運転は、接触事故の危険性を高めるだけでなく、交通の流れを悪くしてしまいます。
 合流場所では、ちょうどファスナーの歯車がかみ合うように1台ずつ交互に合流していく「ファスナー合流」が、基本マナーであり、そのほうがスムーズに走行できます。


 ただし、ファスナー合流を理解していないドライバーは必ずいます。そのようなドライバーに割り込まれたり、車間を詰められても決して、イライラしないようにしましょう。

 (2010.8.18更新)

< 前へ            次へ >

■教育用DVD「安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル」

 テキスト「プロトラックドライバーを育てるためのマナーとモラル」の内容を映像化した教育用DVDです。

 

 ドライバーのマナーとモラルが向上することは、会社の印象をアップさせ、更には運送業界全体のイメージの向上につながっていくため、とても大切です。

 

 本DVDでは、映像にすることでより視覚的にわかりやすく、プロトラックドライバーとして身につけておくべきマナーやモラルについて理解できる構成になっています。

 

詳しくはこちら

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。