「睡眠不足」の有無を点呼確認項目に追加

■乗務禁止事項に「睡眠不足」を加える

バス事業者の罰金1億円

 プロドライバーの睡眠不足による居眠運転事故の防止を図るため、国土交通省は、旅客自動車運送事業運輸規則などの省令をこのたび改正し、バス・タクシー運転者の乗務禁止事項に「睡眠不足」を追加します。

 

 点呼時の確認報告事項にも睡眠不足の有無を加えます。

 

 4月20日に改正された運輸規則が公布され、2018年6月1日に施行されます。 

 

  【改正事項のポイント】

  1. 乗務員を乗務させてはならない事由として、「睡眠不足」を追加する。
  2. 乗務員への乗務前点呼(※)で報告を求め確認を行なう事項として、点検、酒気帯び、疾病・疲労とともに、「睡眠不足により安全な運転をすることができない恐れの有無」を追加する(貸切バスは乗務途中点呼を含む)。
  3. 運転者が遵守すべき事項として、睡眠不足により安全な運転をすることができない等のおそれがあるときは、その旨を事業者に申し出ることを追加する。
  4. 点呼時の記録事項として「睡眠不足の状況」を追加する。 

 ※貨物自動車運送事業の運転者に対する輸送安全規則も同じく改正されました。 → こちらを参照

睡眠不足による事故抑止を図る

 2016年3月に山陽自動車道・八本松トンネル(東広島市)で発生した中型トラックによる多重事故(死者2名)ではドライバーが過酷な勤務のため、睡眠不足による過労状態であったことが原因とされています。事故の前々日には36時間の乗務があり、その間に一睡もしていないという超人的な業務を続け、居眠運転に陥ったものです。

 

 単なる個人の都合による寝不足というものではなく、業務の圧力から否応なく睡眠不足に陥っています。一方で事故運転者は取り調べにおいて「疲れているとか、眠いという言葉は、弱音を吐いていると思われるので運行管理者に言えなかった」と供述しています。

 このような「本音を言えない」状況が、過労運転事故多発の背景にあります。

 

 国土交通省では、今回の改正により運転者の自主的な申告を促すとともに、運送事業者が点呼時などに運転者の眠気に配慮し、安全運転の確保ができるかどうかをしっかり確認する意識をもたせることで、睡眠不足が原因となる事故の防止を一層推進したい意向です。

 

 ( → 詳しくは国土交通省のWEBサイトを参照)

■「バス事業者のための点呼ツール」を発行

 指導用テキスト「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法から実際に点呼をする際に役立つ「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者様のための点呼用教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険や安全運転ポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や、運輸規則等の改正もわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。