こちらのコーナーでは、WILL法律事務所の清水伸賢弁護士が、安全管理上、知っておかなければならない法律知識の解説や、交通事故の判例の紹介を交えながら、運転管理の疑問、質問に答えます。

■清水伸賢弁護士略歴
・1972年8月11日生
・出身地・・・大阪市
・弁護士登録・・・2002年(平成14年)10月
・2002年10月~
 田中義信法律事務所にて勤務弁護士として勤務
・2009年3月~
 WILL法律事務所にパートナー弁護士として移籍
・2017年12月
 小冊子「知っていますか?安全管理の法律問題」出版
・2021年1月
 小冊子「安全管理のトラブルから事業所を守る」出版

■安全管理法律相談一覧

103・安全運転管理者専任事業所のアルコールチェック義務化

 (2022.5.12更新)

本年4月より、5台以上の社有車を所有する安全運転管理者専任事業所に、アルコールチェックが課されることとなりました。また、10月には機器を使用しての検査が求められると聞いています。万が一、アルコールチェックを実施しなかった場合に、事業所に科せられる罰則などを教えてください。

【続きを読む】

102・チャイルドシート不使用で傷害を負った事故の責任

 (2022.4.15更新)

先日、知り合いの会社の社員が業務運転中に乗用車に追突し、3歳の男の子が死亡しました。乗用車にはチャイルドシートが装備されていましたが、しっかりと着座していなかったとのことです。このような事故の場合、チャイルドシートに子どもを座らせていなかった被害者の責任も見逃せないと思うのですが、いかがでしょうか?

 

【続きを読む】

101・信号のない横断歩道に差し掛かったら・・・

 (2022.3.16更新)

信号のない横断歩道で、歩行者が渡ろうとしていたら、自動車は横断歩道手前で停止しなければなりません。しかしながら、多くの都道府県で停止率は低迷しています。万が一、横断歩道を横断する歩行者に衝突したら、どのような交通違反に問われ、事業所はどういった責任を問われますか?

【続きを読む】

100・キックボードの免許制度について教えてください

 (2022.2.18更新)

新聞等を見ていると、キックボードが道路交通法違反(無免許運転)で摘発されたといった記事をよく見ます。キックボードといっても色々な種類があると思いますが、具体的にどういったキックボードに免許が必要なのでしょうか?また、免許を持っていないでキックボードを運転した場合、どういった罰則を科せられますか?

【続きを読む】

99・意識喪失による交通事故の責任

 (2022.1.14更新)

近年、意識喪失による交通事故が目立つようになりました。運転者の健康管理が重要なのは分かっていますが、費用の関係上、意識喪失に関係がある脳の検査までは手が回っていません。万が一、意識喪失による事故が発生した場合、事業所による健康管理の有無でどれくらい責任が変化するのでしょうか?

【続きを読む】

98・コンビニ駐車場での物損事故の責任

 (2021.12.16更新)

コンビニの駐車場を走行していたところ、トラックと衝突してしまいました。幸い体に異常はなかったのですが、車の修理費用の見積が高額で驚きました。事故相手の運転者は、悪びれる様子もなく「会社の保険で対応するから」と取り付く島がありません。この誠意のない運転者個人に対して、法的にとれる措置はありませんか?

【続きを読む】

97・ゾーン30で事故を起こすと過失割合は高くなりますか?

 (2021.11.16更新)

弊社の社屋は、歩車道の区別のない狭い道路(ゾーン30)に面しています。このような立地ですと、歩行者や自転車との事故が心配になり、時速30キロ制限よりも速度を抑えた20キロでの走行を義務付けています。万が一、ゾーン30で事故を起こした場合、一般の生活道路に比べて、過失は重くなるのでしょうか?

【続きを読む】

96・自転車との左折事故の過失割合に納得がいきません

 (2021.10.15更新)

先日、弊社の営業車と信号無視の自転車が交差点で事故を起こしました。事故の原因は自転車の信号無視なのですが、弊社の営業車にも高い割合の過失を認められてしまいました。

 この判決に納得がいかないのですが、控訴するとまた時間も費用もかかります。控訴以外に法的手続きを取る方法はありますか?

【続きを読む】

95・荷主が運賃交渉に応じてくれません

(2021.9.16更新)

弊社は小規模の物流会社です。小規模なので、立場が弱く弊社の窮状を荷主に理解してもらえず、運賃は低いままで会社の経営は苦しさを増すばかりです。2020年4月に国土交通省から発出された適正運賃表を示しても、相手にしてもらえません。このままでは我社は倒産してしまいます。どうすれば良いのでしょうか?

【続きを読む】

 

94・新しい避難情報と事業所の対応

(2021.8.13更新)

弊社は貨物運送事業所ですが、今春から避難情報の内容が変更・強化されていると聞きました。新しい情報の内容と、災害等が発生した場合に貨物運送事業所として取るべき対応を教えて下さい。

 

【続きを読む】

93・コロナ禍における事業所の感染対策責任

(2021.7.20更新)

物流会社で働くドライバーです。弊社ではコロナ禍にも関わらず、感染対策に積極的でなくカウンターに消毒液が置いてある程度です。このような場合、私は事業所の管理責任を問えますか?またコロナウィルスに感染したときには、労働災害保険の対象になるでしょうか?

【続きを読む】

92・子どもとの交通事故のリスクを教えて下さい

(2021.6.15更新)

弊社の周辺には幼稚園と、小学校があり多くの子どもが通園、通学をしております。近年、業績拡大により社有車での営業を考えているのですが、従業員には子どもに対する注意を徹底しなければなりません。万が一、子どもとの交通事故を起こしたら、大人との交通事故に比べてどのようなリスクがありますか?

【続きを読む】

91・飛び石事故によるフロントガラス破損の責任は?

(2021.5.14更新)

先日、高速道路を走行していたところ、突然フロントガラスに小石が当たりひびが入りガラス交換になりました。恐らく前車が小石を跳ねたと考えられますので、ナンバーなどは控えているのですが、本当に前車が小石を跳ねたのか確証がありません。このような場合、前車に損害賠償請求はできるのでしょうか?

【続きを読む】

90・転回禁止場所でのUターンによる事故の責任

(2021.4.16更新)

先日、幹線道路を自家用車で走行していましたら、突然対向車線の切れ目から車がUターンしてきました。この道路は転回禁止場所だったのですが、このような無謀とも言えるUターンが原因で事故になったときの過失割合や責任について教えてください。

【続きを読む】

89・積荷の梱包材が傷んだ際の賠償責任

(2021.3.16更新)

弊社は家電を専門に運搬している運送事業所です。先日、家電量販店から「お客様から梱包のダンボールに凹みがあったとクレームがきたから、賠償してくれ」と言われました。中身の商品が壊れたならまだしも、梱包材まで完全に保護する必要はあるのでしょうか?

【続きを読む】

88・バス停でのバス停車が死角となって発生した事故の責任
(2021.2.15更新)

バスの事業所で安全管理を担当しています。先日あるバス停の近所の住民から「バス停に停まるバスが死角になって、後続車から歩行者などが見えない」と苦情が入りました。万が一、バスの死角が原因で事故が発生した場合、弊社はどのような責任を負いますか?

【続きを読む】

87・アルコール依存症が疑われるドライバーへの対処法

 (2021.1.15更新)

厳罰化の中、今も飲酒運転をしてしまう人はアルコール依存症なのではないかと考えています。弊社にもお酒が大好きな社員がいるのですが、アルコール依存症かどうかは不明です。このような社員がいる場合に、会社はどのような対応を取ればよいのでしょうか?

【続きを読む】

86・自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)搭載の義務化とは

 (2020.12.16更新)

 

2021年11月から発売される新車には、自動ブレーキの搭載が義務化されると聞きました。義務化される自動ブレーキの性能基準と、義務化に至った背景を解説していただけますでしょうか?

【続きを読む】

85・貨物運送事業の働き方改革とは?

 (2020.11.16更新)

近年、働き方改革が叫ばれ「働き方改革関連法」が施行されましたが、貨物運送事業者は2024年まで同法導入の猶予があると聞いています。そこで質問ですが、働き方改革とはどういった制度ですか?働き方改革を放置しているとどのような罰則がありますか?

【続きを読む】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。