■貨物運送事業者の運行管理者のための知識

運行管理者として知っておきたい情報や最近の制度改正などをまとめています

 ■ 大型車のタイヤ脱落事故防止に注意喚起

 

 ■ 大型車のスペアタイヤ点検を義務づけ(2018.10月施行)

 ■ 改善基準告示違反で多くの会社が事業停止に

 ■ 依然としてトラック運送事業が過労死ワースト1

 ■ 健康起因事故防止に向けた健康管理の徹底を

 ■ 過労運転に関連した行政処分基準を強化(7月施行)

 

 ■ トラック運転者への指導・監督指針を改正(6月施行)

 ■ 睡眠不足の運転者は乗務禁止(6月施行)

 ■ 200両以上の事業者に安全管理規程届出を義務づけ

 ■ トラックIT点呼、車庫間でも可能に (2018.3.30施行)

  ■ 荷主勧告について新しい運用通達を発出

 

 ■ 荷待ち時間等の記録を義務づけ(29.7月施行)

 ■ 車両制限令違反の割引停止措置を強化

 ■ プロ運転者に脳・心臓疾患等の健診チェックを促す

 ■ NEXCO中日本が重量超過車両、過去最多の6社を告発

 ■ 相互通報の対象に「健康診断の未実施」を追加

 

 ■ NEXCO中日本が重量超過の事業者を相次ぎ告発

 ■ 指導・監督の指針(貨物自動車)を改正

 ■ プロドライバーの健康起因事故は決して少なくない

   ■ デファレンシャル・オイルの不足等に注意

 ■ NEXCO東日本が重量超過の事業者を告発(千葉)

 

 ■ NEXCO中日本が重量2倍超過トレーラ告発(愛知)

 ■ 重量2倍超過車両の運送事業者を告発 (岐阜・兵庫)

 ■ 国土交通省が「SAS対策マニュアル」を改訂し活用を呼びかけ

 ■ 重量2倍超過の運送事業者を即時告発 (神奈川)

 ■ 運輸安全マネジメントの効果的な進め方

 

 ■ 危険物移送の事故防止徹底を消防庁が要請

 ■ 事故速報の対象に「健康起因事故」が追加されました

 ■ 道路法第47条違反(重量超過車両)の即時告発事案 (兵庫・千葉)

 ■ 総重量7トン以上のトラックにも、運行記録計装着を義務付け

 ■ 車両総重量が基準2倍以上の違反事業者は即時告発

 

 ■ 荷主勧告制度が強化されています

 ■ 運転者の健康管理マニュアルを改訂──国土交通省

 ■ 自動車運送事業者に対する監査方針・行政処分基準の強化

 ■ 悪質な貨物運送事業者は運輸支局に即通報されます!

 

 ■ トラック運送事業の共同点呼が始まります 

 ■ 5両未満営業所でも運行管理者選任を義務づけ 

 ■ 朝礼・点呼は万全ですか?

 ■ 労働時間の管理を徹底しよう

 ■ 指導・監督の指針に基づくドライバー教育の充実

 

 ■ 貨物運送事業者が監査を受ける場合

 ■ 荷役・フォークリフト等の労働災害を防止しよう

 ■「健康管理マニュアル」を活用しよう

 ■「車庫における携帯点呼」もIT点呼に加える

 ■ トレーラのコンテナロックの重要性

 

トラックドライバー向けの指導・監督資料については  → こちらを参照

★12項目に準拠した教育

 ツールPart3を発刊!


今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。